荒木祐樹、2度目のグランツーリスモ世界大会出場で3位入賞!

世界大会2度目の挑戦

FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3が開催されました。前回の世界大会「Showdown」で活躍した荒木祐樹が引き続き出場!

前回大会:ついに世界デビュー!荒木祐樹、グランツーリスモShowdown出場

今回もメーカー対抗戦である「マニュファクチャラーシリーズ」で、ダッジ代表としての出場です。今回はチーム戦ではなく、メーカーの代表選手1名による1本勝負。世界各国から12名のトッププレイヤーが集いました。

FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3,マニュファクチャラーシリーズ,代表選手リスト
12の自動車メーカーを代表する選手による真剣勝負

予選で上位スタート、表彰台に!

FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3,GTSport,ダッジ バイパー,荒木祐樹
予選の結果、3番手という高順位でのスタート!
FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3
旧友イゴール・フラガとついに世界の舞台で対決
FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3
フラガ選手をオーバーテイク!その後ハザードで合図し、交友を感じさせる場面
FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3
他選手と違うピット戦略をとった荒木選手、1位でコースに復帰!
FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3
まだタイヤが温まっていなかったせいか、ポルシェのセラーノ選手に追い抜かれます
FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3
13周目、プジョーのジュール選手が鋭角コーナーで仕掛けてくる
FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3
15周目、再び追い抜き返す荒木選手、最後まで分からない上位3台
FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3
セラーノ選手とのバトルのスキを突かれてジュール選手にオーバーテイクされます
FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3,インタビュー,荒木祐樹
結果3位に終わった荒木選手、表彰台ということで公式インタビュー!あくまで狙うは1位だった様子

レース終了後にインタビュー、今後の課題はバトル

フラガ選手、宮園選手、國分選手といった歴代チャンピオンや強豪ドライバーが並ぶ中、(マシンとコースの相性差があるとはいえ)表彰台に上ったのは素晴らしい功績です。

今後世界で戦っていく上での課題点は、バトルの強さにあると答える荒木選手。普段はイン締めといった妨害をせず、クリーンなレースを心掛けているようですが、勝つためには立ち回りを変える必要があるかもしれません。

しかし自分の腕が世界に通じているという手ごたえも感じているようで、今後の活躍にますます期待!(当人は期待しないでと言ってますが)

ニワカラボ,荒木祐樹,FIAグランツーリスモ選手権2021 ワールドシリーズ ラウンド3,3位

JEGTグランプリ2021シリーズ開幕!第1戦はニワカレーシング5位

ニワカレーシング,堤口直斗,ニワカラボ

JEGT2021シリーズ開幕!

リアルレース界で活躍するプロレーサーとグランツーリスモのトッププレイヤーが共演するeモータースポーツ大会「AUTOBACS JEGT GRAND PRIX」、いよいよ2021シリーズが開幕しました!

今年改めてレーシングチームとして結成したニワカレーシング、新体制となって初の大会参戦です。

AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,井芹颯真,堤口直斗,古屋公暉
ドライバーは井芹颯真(熊本県)、堤口直斗(福岡県)、古屋公暉(岐阜県)の3名

賞金総額500万円

JEGT2021シリーズは、個人戦・チーム戦合わせて賞金総額500万円!国内eモータースポーツ大会としては最大規模です。
全4戦中、ラウンド3までに獲得するポイントの合計で上位10チームに入らなければ、FINAL(最終戦)に出場することはできません。賞金を獲得するには、FINALへの切符を得ることが絶対条件です!

決勝進出が懸かるグループ予選

各ラウンドはグループ予選と決勝レースに分かれています。FINAL出場権を得るためにも、まずは決勝進出しポイントを獲得しておきたいところ!

4番手スタート、4位フィニッシュで決勝へ

AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,井芹颯真,トヨタ GRスープラ レーシングコンセプト
予選スーパーラップは井芹選手が担当、グランツーリスモの世界大会にも出場するトッププレイヤーです
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,グループA予選,スーパーラップ結果
スーパーラップの結果、グループ予選は4番手スタートに。堤口選手がバトンを受けて走ります!
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,インテルラゴス,グランツーリスモSPORT,グループA予選レース
2周目、第1コーナーで3位に浮上したニワカレーシング
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,グループA予選レース,グランツーリスモSPORT,インテルラゴス
決勝進出できるのは上位5位まで、終始熾烈なボーダーライン争いが繰り広げられました
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,チェッカーフラッグ
ニワカレーシングは4位でゴール!決勝レースに進出!
ニワカレーシング,ニワカゲームス,中村雅彦,堤口直斗,古川拓己,ニワカラボ,JEGTラウンド1
応援に駆け付けたニワカゲームスメンバーも予選通過を祝福👍

決勝レース、5位でフィニッシュ

決勝レースはグループA・グループBから勝ち上がってきた10チームで行われます。グループ予選と同様にスーパーラップでグリッドが決定され、2レース実施して最終順位を決定します。

AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,古屋公暉,トヨタ GRスープラ レーシングコンセプト
スーパーラップは古屋選手が担当、当日は朝から緊張による腹痛を訴えていました😨
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,決勝スーパーラップ結果
他チームのペナルティもあり5番手スタートとなったニワカレーシング、井芹選手に繋ぎます
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,ニュルブルクリンクGP
何度となく前走車に仕掛けていたニワカ、4周目でオーバーテイクして4位に浮上!
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,堤口直斗,トヨタ GRスープラ レーシングコンセプト
井芹選手の順位を受け継ぎ、第2レースは堤口選手が出走
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,ニュルブルクリンクGP
他チームが続々とピットインする中、1周ずらして前後に車両が無い状況を作り出します
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,ニュルブルクリンクGP,ピット
5周目でピットイン、よりスピードの出やすいソフトタイヤで追い上げたいところ
AUTOBACS JEGT GRAND PRIX,ニワカレーシング,ラウンド1決勝,5位
他チームのミスに助けられ、5位でフィニッシュ!

JEGT2021シリーズ第1戦は19チーム中5位で終わりました。ひとまずはFINAL出場圏内ということで、まずまずの第一歩を踏み出すことができました。

他チームのスーパーラップでのタイム無効や、コースアウトによる順位下落等にも助けられたように感じられますが、実はチームの方針として「余裕のある走りをする」と掲げていたことが功を奏したようにも思います。
しかしそれだけでは、入賞圏内に行くことは厳しいのも事実。残るラウンドでどれだけ詰めていけるか、チームとしての力が試されます。

JEGT第2ラウンドは11月3日(水・祝)開催!ぜひまたご観戦ください!

第23回ニワカ杯:舞鶴よかと絶叫!ニワカレーシング結成記念大会

第23回ニワカゲームス杯開催

毎月開催しているグランツーリスモSPORTのオンライン大会「ニワカゲームス杯」を実施しました。

今回はニワカゲームスの代表者からなるeモータースポーツ・レーシングチーム「ニワカレーシング(NIWAKAGAMES e-Motorsport Racing Team)」の結成記念大会として、福岡で活躍する2大ゲストをお招きしての大イベントとなりました!

豪華ゲスト!舞鶴よかと&フラッシュ嶋田

博多っ子VTuber「舞鶴よかと」さん、ニワカゲームスのキャプテン古川拓己、MC「フラッシュ嶋田」さんでお届け!

福岡県福岡市中央区舞鶴生まれのバーチャル博多っ子「舞鶴よかと」さんは、バーチャルの存在でありながらリアルの世界でラーメンを食べることでも有名なVTuber。今回もリアルの世界に飛び出して、ニワカゲームスへの拠点ニワカラボへお越しいただきました。実況だけでなく、ハンドルも握っていただきます!

進行役は「ファミコンのときからいろんなゲームを体験し続けている、下手の横好き、普段はMC・ナレーション」のフラッシュ嶋田さん!とくに福岡・佐賀においては、そのお姿・お声を視聴したことのある方も多いと思われます。

またゲーム進行・解説役として、ニワカゲームスのキャプテン古川拓己がコミュニティおよびチームを代表して登場!

チーム結成記念キャンペーン実施中

今回はニワカレーシング結成記念ということで、プレゼントキャンペーン等もご用意しました。

福岡は大川の大手家具メーカー関家具さんのゲーミングギア・ブランド「Contieaks」より、人気の「Titlis座椅子タイプ」を抽選で1名様にプレゼント!
詳細はこちら↓(募集は締め切りました)
https://twitter.com/contieaks/status/1436253111484444677

また、弊社ニワカソフトのカーボン加工サービス「カーボンラボ.jp」とのコラボ企画として、視聴者限定の割引サービスも!
小ロットから注文できるので、個人の趣味でも気軽にご利用いただけます。バイク・自転車の部品をはじめ、自作ハンドルコントローラー等、活用方法はアイデア次第!
カーボンラボはこちら↓
https://cfrp-japan.com/

eモータースポーツ・レースゲームでも使えるように座椅子タイプをご用意しました
軽くて丈夫なカーボンパーツを低価格で作成できます

第1レース:ニワカレーシング VS 舞鶴よかと ハンディキャップレース

第1レースは「ニワカレーシング結成記念レース」と称し、ニワカレーシングのドライバーと舞鶴よかと選手によるガチンコレース!!

…とはいえ、初心者である舞鶴よかと選手がニワカ選手陣に勝てる可能性はゼロに近いので、今回はハンディキャップを設定。ニワカレーシングのドライバーは1周遅れでのスタートです!
0.001秒をも競うモータースポーツの世界で、1周のハンデは膨大。選手陣は百戦錬磨のドライビングテクニックでその差を埋めなければいけません。

ニワカレーシングからは古屋公暉(ふるやこうき)、堤口直斗(つつみぐちなおと)の2名が参戦!チーム代表として負けられない1戦です。(井芹選手は別の大型イベント収録のため不参加)

九州の代表的袋ラーメン「うまかっちゃん」の登場に大興奮のよかと選手
ニワカレーシングのドライバー、古屋選手・堤口選手も自己紹介
ニワカレーシングのリバリーデザイナー出島大地によるオリジナル舞鶴よかとカー
実は特別に軽量化を施すというハンデもつけていた「よかとスペシャル」、スピードが出やすくブレーキが効きやすくなっています
舞鶴よかと選手にも、このようなシートで本格ドライビングに挑戦していただきました!(写真はニワカゲームスのメンバー達)
よかとスペシャルをポール(先頭)にレース開始!京都をイメージしたグランツーリスモのオリジナルサーキットです
ニワカレーシング選手はコントロールラインで待機、よかと選手が周回するのを待ちます
開始早々にスピン!1周目はどれだけミスっても大丈夫
1分かけて周回!ここから1周を50秒以内のペースで周回できれば勝てるチャンスがあります
ここで堤口・古屋ペアがスタート!二人は37~38秒くらいで周回しなければハンデを埋められません
2周目の終わりに先頭へ追い付いてきた両選手、ここで一旦よかと選手をパス
2台でバトルを繰り広げながら舞鶴よかと選手を追います
3周目、コースアウトがタイムに響きそう…
よかと選手このまま勝利かと思われたファイナルラップ、最終コーナーで壁にぶち当たり雲行きが怪しくなります
あとはホームストレートをまっすぐ走るだけなのに…焦るあまりハンドルを戻さずアクセル全開している模様
ストレートで右往左往するよかと選手に堤口・古屋が迫る!
辛くもニワカレーシング勝利!両名の差は0.000秒ということで、完全同着でのフィニッシュでした

レース終了後、フラッシュ嶋田さんから「舞鶴ヘタレよかと」の称号を授与されてしまったよかと選手。最終ラップまでのペースはよかったものの、コースアウトと後ろから迫るライバル車に、焦ってハンドルを操作をしてしまったのが敗因です。レースでは自身のメンタルコントロールも重要!

賞品のうまかっちゃんを授与された堤口選手

第2レース:X-BOWワンメイク

第2レースは視聴者参加型ということで、いつも通りタイヤ・燃料消耗等もある本格的なレースを実施。今回も名立たるGTプレイヤーが集いました。

車両は「KTM X-BOW(クロスボウ)」によるワンメイク(同一車両)レース。全体的にカーボン素材がふんだんに使われているマシンということで、カーボンラボ.jpとのコラボも兼ねて採用しました。

舞台はサルディーニャ、イタリアの架空サーキットです
優勝候補のtokari71選手、ドライバーの強さを示すレーティングがもうすぐ上限に届く強者
お菓子「ブラックサンダー」のロゴをでかでかと配置したマシン
こちらは「いかやき」と書いた金ぴかマシン、見た目はともかく実力派ドライバーです(笑)
いつも独特なリバリーを使用するkazuki-0626_選手、今回は往年のミニ四駆を彷彿とさせるマシン
舞鶴よかとさんのファンを公言するニワカゲームスメンバー中村さん、リスペクトということでうまかっちゃんマシンで参戦
総勢13台のX-BOW、レーススタート!
第1コーナー、まずはこの混戦を生き残れるかがカギ
thionf-s選手がKeitaBRZGT3R選手に並びかけてオーバーテイク(追い抜き)!急角度のコーナーは順位が入れ替わるポイントです
3周目、トップ集団もある程度絞り込まれてきた様子
終始リードするtokari71選手、2位以下も最後までスキを伺います
中村さんと出島さん、ニワカゲームスメンバー同士の対決
tokari71選手がポール・トゥ・ウィンで完勝!

レース結果

優勝 tokari71
2位 ZeFiX_MistYelloy
3位 Hein2_HHF

チーム支援プロジェクト開始

レースのインターバルで、「ニワカレーシング支援プロジェクト」としてクラウドファンディングを開始しました!今回も限定グッズをはじめ、ユニフォームやマシンへのロゴ掲載プランをご用意しています。

古川キャプテンのクリックでプロジェクト解禁!
今年も皆様のロゴを掲載してレースに出場します!(画像はJeGTグランプリ2020シリーズの様子)

おかげ様で23万円ものご支援をいただいております。(9月14日現在)
しかしまだまだ目標金額には届きません。プロジェクト内容をご覧いただくだけでもいいので、下記リンクからアクセスしていただけますと幸いです。
福岡初のeモータースポーツチーム「ニワカレーシング」活動支援プロジェクト

過去一番賑やかな配信となりました!ご視聴ありがとうございました

ついに世界デビュー!荒木祐樹、グランツーリスモShowdown出場

悲願の世界進出

ニワカゲームスが活動の大目標として掲げていた「グランツーリスモのワールドツアー(世界大会)出場」、荒木祐樹がついに果たしました!

2019年のニワカゲームス加入当初から国内上位プレイヤーとして知られ、いつ世界に出てもおかしくないと言われてきた荒木君。しかしなかなか出場権を獲得できずに1年、2年と経ち、当人も何度となくもう無理かもしれないと口にしてきました。
それでも諦めずに腕を磨き続け、出場できるチャンスを伺い続けたことがようやく実を結びました。

ニワカラボ,荒木祐樹,グランツーリスモ 2021 Showdown
今大会はオンラインで実施、ニワカラボから参戦!

海外プレイヤーと3人チームで出場

荒木君が出場する「マニュファクチャラーシリーズ」は、自動車メーカーの代表選手としてレースに参戦します。

「アジア・オセアニア」「ヨーロッパ・中東・アフリカ」「アメリカ(北米・中南米)」の3つのリージョン(地域)からそれぞれメーカーの代表選手が選抜され、3人1組のチームとなります。(その代表権を得るため、普段は国内の公式戦で上位を目指しています)

3レースで構成されるShowdown

2021年の中間地点となるマニュファクチャラーシリーズShowdown(ショーダウン)は、3つのレースで構成されています。各レースに各チームから1人のドライバーが出場、各レースの獲得ポイントでShowdownの順位が決定します。

Showdownでの成績が、毎年最後に行われるワールドファイナルにも影響してきます。ひとつひとつのレースが、最終的に年間シリーズへ結びつくのがグランツーリスモの世界大会です!

グランツーリスモ,ダッジ,Kallum Jones
チームの第1レース走者は英国のKallum Jones(カルム・ジョーンズ)選手
グランツーリスモ,ダッジ,Fabian Portilla
第2走者はチリのFabian Portilla(ファビアン・ポルティラ)選手
グランツーリスモ 2021 Showdown
2レースの結果、荒木君のチームDOGDE(ダッジ)は11位
グランツーリスモ 2021 Showdown
最終レースはタイヤ・燃料戦略が絡むため、チームのエースが出るのがセオリー
グランツーリスモ,ダッジ,荒木祐樹
9番手スタート、日本のY.ARAKI!!
最終レースの結果、荒木君は8位でフィニッシュ

世界レベルのプレイヤーに

大会の結果としては、残念ながら上位で終えることはできなかったものの、世界のトッププレイヤー達とも渡り合っていたのは間違いありません。
名実ともに世界レベルのプレイヤーになれたと言えます!

今年もまだ続く2021年のFIAグランツーリスモ選手権、これからも世界大会の常連として活躍してくれることを願います。

グランツーリスモ公式「ワールドシリーズ 2021 Showdown」大会結果

第22回ニワカ杯、「よのなか杯」再来!グループCカーレース

ニワカゲームス杯開催

毎月開催しているグランツーリスモSPORTのオンライン大会「第22回ニワカゲームス杯」を実施しました。

今回はゲストとして「よのなか」さんが再登場!

YouTubeでライブ配信

左から筆者、”桃太郎”ことよのなかさん、”桃子”堤口直斗君の3人で配信
岡山のお土産、桃饅頭をいただきました!(桃太郎と呼んだ由来はこれ)

グループCカーレース

今回のレギュレーションはよのなかさんが考案。グループCとインテルラゴスという組み合わせのレースがなかなか無いというのが決定の理由とのこと。

グループCは1980年~90年代に存在したモータースポーツのカテゴリーで、規定こそあれこの時代で既に時速400kmを超えるスピードを記録していました。全体をすっぽり覆うような独特のフォルムが特徴のレーシングカーです。

ブラジル実在のサーキット「インテルラゴス」が舞台

第1レース

ニワカゲームスからは古川拓己、高浪翔、田代寛朋、出島大地、深川湧介、中村雅彦が出場。

ルーム開設直後に満員!
LG-TakuAn_LBC選手、ミノルカ・トヨタ88C-V風のザウバー・メルセデスC9
湧介君はペトロナスカラーのマシンで出場
デフォルトカラーのマシンが目立つ今回、数少ない痛車
kazuki-0626_選手はとても配達が速そうなヤマト運輸リバリー
総勢15名、グループCカーによるレース開始!
開幕直後の第1コーナー、フルブレーキングが必要な複合コーナーで混戦必至
1周目で早くも集団から抜け出たLG-TakuAn_LBC選手
ZeFiX_MistYelloy選手に仕掛けられる古川君(左)、ここは順位をキープします
こちらはtubasa-GT-R選手に並びかける湧介君(右)、第1コーナーが勝負どころ
イン側からパスしてポジションアップ
2位を走行していたrain_digo選手が回線落ちしてしまい、TakuAn選手が独走状態に
そのままぶっちぎりで優勝!

第2レース

第2レースも同条件で実施。ニワカゲームスからは荒木祐樹、高浪翔、田代寛朋、出島大地、深川湧介が出場。

kazuki-0626_選手、すごい秘密道具を駆使してきそうなマシンで登場
第1レースの覇者はマシンを変更、連覇なるか?
ZeFiX_MistYelloy選手もマシンを変更、第2レースはキャラクターものが増えました
同様にマシン変更した選手もちらほら、総勢14名でレース開始!
開幕早々、1位のドラ○もんを差し置いてLG-TakuAn_LBC選手が抜け出る!
7位スタートだった荒木コーチは5位まで上昇、帝王の覇気で周囲を退ける…!?
後方では三つ巴戦が勃発、中学生の湧介君は大人達相手に順位をキープできるか?
3周目、荒木君は4位まで上昇、表彰台が見えてきました
tubasa-GT-R選手が三つ巴を制して前に出る!
3台が争っているスキにyocchannika_選手も参戦
湧介君は11位まで後退、上位プレイヤーに揉まれて良い経験になったはず
3位にまで追いついた荒木祐樹!LeMans_P351選手も表彰台は譲れない
下位が争っている間に4秒以上の差をつけてウィニングラン状態
LG-TakuAn_LBC選手が連勝!

レース結果

第1レース

優勝 LG-TakuAn_LBC
2位 VR-Sprinta_LBC
3位 initial_D__86(古川拓己)

第2レース

優勝 LG-TakuAn_LBC
2位 kazuki-0626_
3位 LeMans_P351

なんと2レース通してLG-TakuAn_LBC選手が圧勝という結果になりました!珍しい組み合わせと言われる今回のレースですが、今大会に向けてしっかり練習してきたのかもしれません。

次回ニワカゲームス杯は9月11日(土)開催予定!過去で一番大きいイベントになるかも…?
ご参加・ご視聴お待ちしてます!

全国eスポーツ選手権GT2021MIE、福岡組は本戦出場ならず

三重国体、選抜戦開催

三重国体(全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE)グランツーリスモSPORT部門の本大会出場権をかけた選抜戦が開催されました。

開催地は三重ということで、本大会はなんと鈴鹿サーキットで実施予定!日本一の栄冠とレーサーの聖地を目指しての負けられない戦いです。

全国都道府県対抗eスポーツ選手権,九州・沖縄ブロック,福岡県代表,龍翔太郎,吉田航太朗
一般の部で龍翔太郎、U-18の部(旧:少年の部)で吉田航太朗が福岡県代表として出場

YouTubeでライブ配信

各部門のレースはプレイステーション公式チャンネルにてライブ配信されました。

龍翔太郎:惜しくも4位

選抜戦は各部門ごとに3つのグループでレースが行われ、上位3名ずつが本大会に進出。敗者復活戦からの上位2名を合わせ、合計11名が選抜されます。

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦 グループB,龍翔太郎,福岡県代表,予選
龍君はグループB、シビアなシケインで有名なドラゴントレイル・シーサイドが舞台
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦 グループB,龍翔太郎,福岡県代表,3番手
予選の結果、3番手でスタート
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦 グループB,龍翔太郎,ドラゴントレイル・シーサイド,レース
シケイン手前でサイド・バイ・サイドの激闘!
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦 グループB,龍翔太郎,福岡県代表,4位
3位争いを繰り広げ続けたものの、最後は4位でフィニッシュ

惜しくも4位でグループ抜けならず、敗者復活戦に挑むも5位に終わり、本大会出場とはなりませんでした。

2019年の茨城国体では少年の部で準優勝した龍君ですが、世界大会出場経験者揃いの一般の部はいかにレベルが高いか分かります。

吉田航太朗:敗者復活戦狙い…?

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦 グループA,吉田航太朗,福岡県代表,予選
航太朗君はグループA、世界的に有名な鈴鹿サーキットで競われます
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦 グループA,吉田航太朗,福岡県代表,4番手
4番手スタート、十分に3位以内を狙える位置
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦 グループA,吉田航太朗,福岡県代表,鈴鹿サーキット
徐々に順位が落ちる航太朗君、ヘアピンで複数台から抜かれてしまいます
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦 グループA,吉田航太朗,福岡県代表,8位
8位でフィニッシュ、ぎりぎり敗者復活戦に行ける順位
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦,敗者復活レース,吉田航太朗,福岡県代表,予選
敗者復活戦を狙っていたという航太朗君、上位2名に残れるか…?
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦,敗者復活レース,吉田航太朗,福岡県代表,3番手
3番手スタート、少なくとも1台抜かなければいけないポジション
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦,敗者復活レース,吉田航太朗,福岡県代表,ブルームーン・ベイ・スピードウェイ・インフィールド A
2周目、早くも2台にパスされ危うい順位に
全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE,本大会出場者 選抜戦,敗者復活レース,吉田航太朗,福岡県代表,7位
最後まで順位を上げられず、結果は7位

敗者復活戦に挑んだものの、無念の敗退となった航太朗君。当人もメンタル面に不安があると言っていましたが、まだまだこういった大会に慣れていない様子。緊張で実力を発揮できなければ勝つことはできません。

一人で走るタイムトライアルでは良いタイムを出せても、レースで勝つのはまた別の力が必要です。今後はレースの強さを磨いてほしいですね!

競技として定着してきたGT

残念ながらニワカゲームスから本大会出場者を出すことはできませんでしたが、国体GTも3年目。いよいよ競技として定着してきた感があります。

トップの顔ぶれはほぼ変わらないものの、グランツーリスモをプレイしたことがない方にも強豪ドライバーが認知されるようになってきたのではないでしょうか。
またU18の部では、10代の子ども達が年々成長しているように見えて興味深いところです。

県によってはマスコットキャラクターを用いたPRも行っていて、非常に良い流れだと感じました。これからも日本一を決める恒例行事として、毎年開催していただきたいですね!

第21回ニワカゲームス杯 GR86’21ワンメイク開催

ニワカゲームス杯開催

毎月開催しているグランツーリスモSPORTオンライン大会「ニワカゲームス杯」を実施しました。

21回目となる今大会は、実車より先にグランツーリスモへ収録された新型86こと「GR 86 ’21」によるワンメイク(同一車両)レースです。

第21回ニワカゲームス杯,堤口直斗,荒木祐樹,ニワカラボ,スタジオ
大会の模様はYouTubeでライブ配信、進行役は堤口直斗と荒木祐樹の二人が担当

第1レース:京都・山際

第1レースはグランツーリスモのオリジナルコース「京都ドライビングパーク・山際」が舞台。道幅が広く、全開区画の多いコースです。

新型86は収録されたばかりなので、まだ熟練度の開きが少ないマシンといえます。

第21回ニワカゲームス杯,第1レース,レギュレーション

ニワカゲームスからは古川拓己、高浪翔、吉田航太朗、出島大地、中村雅彦、深川湧介が出場。

第21回ニワカゲームス杯
湧介君は「TOYOTA GAZOO Racing」仕様の正統派スタイル
第21回ニワカゲームス杯
高浪君は7月17日に亡くなったプロレーサー、ジュール・ビアンキへの追悼を込めたマシンで出場
第21回ニワカゲームス杯
中村さんは三菱の車両…これはレギュレーション違反??
第21回ニワカゲームス杯,パンダ
kazuki-0626_選手はインパクト特大のパンダ!
第21回ニワカゲームス杯
rain_digo選手はLEON RACINGリバリー、人気あるデザインです
第21回ニワカゲームス杯
駄菓子「よっちゃんいか」を大々的に宣伝する(?)古川君
第21回ニワカゲームス杯
フライトシューティングゲーム「エースコンバット」のロゴが目立つマシン
第21回ニワカゲームス杯
人気ゲーム「ウマ娘」のキャラクターをあしらったリバリー
第21回ニワカゲームス杯
総勢12名で第1レース開始!
第21回ニワカゲームス杯
開幕3番手スタートだった古川君のイン側をパンダがすり抜けます
第21回ニワカゲームス杯
一方、最下位スタートだったrain_digo選手は1周目で8位まで急上昇
第21回ニワカゲームス杯
2周目、トップ2台が入れ替わります
第21回ニワカゲームス杯
高浪君と古川君、ニワカゲームスメンバー同士のバトル!
第21回ニワカゲームス杯
航太朗君はS字コーナーでショートカットをしたのか2秒の重いペナルティ
第21回ニワカゲームス杯
レース終盤、激しいトップ争いを繰り広げる3台
第21回ニワカゲームス杯
1位を走行していたLotus_RacingT128選手がコースアウト!
第21回ニワカゲームス杯
anchormarines選手がトップをキープ
第21回ニワカゲームス杯
ファイナルラップ、2位走行中のGear129選手にペナルティ!これは勝負ありか
第21回ニワカゲームス杯
anchormarines選手がそのままフィニッシュで優勝!

第2レース:富士スピードウェイ

第2レースは静岡県に実在するサーキット「富士スピードウェイ」が舞台。86のメーカー、トヨタが所有するサーキットです。

その名の通り富士山が見える本コース、約1.5kmもあるロングストレートが特徴。スリップストリーム(前走車を利用した風よけ)による逆転劇が期待されます。

第21回ニワカゲームス杯
コース以外の条件はすべて同じ第2レース
第21回ニワカゲームス杯
ニワカゲームス杯で何度も優勝経験のあるAPEX-M_Okada選手が参戦
第21回ニワカゲームス杯
13名のドライバーがエントリー、第2レース開始
第21回ニワカゲームス杯
ホームストレートからの第1コーナーで順位が入れ替わります
第21回ニワカゲームス杯
航太朗君とHachi-natsu選手、開始早々で両者ペナルティー
第21回ニワカゲームス杯
コースアウトしてしまったGear129選手、優勝経験ある猛者だが今回は不調?
第21回ニワカゲームス杯
後方の古川君もペナルティがついています
第21回ニワカゲームス杯
またしてもGear129選手、コカ・コーラコーナーでさらにペナルティ加算
第21回ニワカゲームス杯
APEX-M_Okada選手、ライバルがことごとく沈んでもはや敵なしの独走状態
第21回ニワカゲームス杯
そのまま優勝決定!

レース結果

第1レース

優勝 anchormarines
2位 Lotus_RacingT128
3位 kazuki-0626_

第2レース

優勝 APEX-M_Okada
2位 ko_sirrus87
3位 Lotus_RacingT128

実力者が集うハイレベルなレースになりがちなニワカゲームス杯ですが、第1レースではanchormarines選手が初参戦で優勝をかっさらっていく結果に。

第2レースは幾度となく優勝経験のあるAPEX-M_Okada選手が見事に勝利。いつもぶっちぎりな印象ですが、新86は相性がいいかもしれないとのこと。

ペナルティを受けるドライバーも多く、まだマシンに慣れていない人が多かった様子。それでも上位陣が同じような顔触れになるあたり、地力がものをいう大会になったようにも見えます。

賞品リニューアル

ニワカゲームス杯,賞品,カーボン表彰盾
名刺サイズの表彰盾

次回ニワカゲームス杯からは賞品がリニューアルする予定!カーボン+アクリルの特製表彰盾です。
IDもレーザー加工でプリント!世界にひとつだけの品をぜひゲットしてください。

ご参加・ご視聴お待ちしてます!

第20回ニワカゲームス杯、梅雨のウェットコンディションレース

ニワカゲームス杯開催

毎月開催しているグランツーリスモSPORTのオンライン大会「第20回ニワカゲームス杯」を実施しました。

今回はちょうど梅雨時期ということで、初のウェットコンディション(雨天)でのレースです!

今回のYouTubeライブ配信は堤口君と中村さんでお届けしました
JeGTグランプリ応援のお礼をするキャプテン古川、今回は参加者としてレースに出場

第1レース:スパ・フランコルシャン

ベルギーのスパ・フランコルシャン、小雨状態でのレース

雨ではクルマの挙動を乱しやすくなり難易度が上がるため、今回は悪天候に強い4WD(四輪駆動車)限定のレースにしました。

ニワカゲームスからは古川拓己、出島大地、深川湧介の3名が出場。

Hein2_HHF選手、アニメキャラクターをあしらった痛車仕様のカーリバリー
こちらはVtuberのキャラクターで出場
NAMI__taro選手はグランツーリスモ6のインプレッサ・ツーリングカーを模したマシンです
三菱党・中村さんの期待通りランエボの姿も(笑)
総勢10名がエントリー、雨レース開始!
開始早々のストレートでスリーワイド(3台並走)
1位に躍り出たrain_digo選手、うまくコーナリングできず逆に順位を落としてしまいます
トップはランエボ同士の戦いに!
上位2台が争っているスキに、後方も追いついてきて四つ巴状態
後方では湧介君(右)がバトルを繰り広げています
湧介君、シケインでインを取ってうまく前走車をパス
第1レースはランエボ同士の戦いを制してAPEX-M_Okada選手が優勝!

第2レース:レッドブル・リンク

第2レースはさらに雨量が増えたレッドブル・リンクでのレース、スリップに要注意!
凝ったデザインの痛車リバリーはZeFiX_MistYelloy選手
VR-Sprinta_LBC選手もランエボをチョイス
総勢9名、ランエボの比率が高め
第1レースは惜敗に終わったrain_digo選手、今回はポール・ポジションからのスタート
Sprinta選手が滑ってスピードダウンしたところをfujio4jd選手がパス
第1レースの覇者Okada選手は開幕6番手から4位まで浮上
再びランエボ同士のバトル!
Sprinta選手、下り坂で止まり切れず無念のコースアウト!
rain_digo選手が逃げ切りでポール・トゥ・ウィン!

レース結果

第1レース

優勝 APEX-M_Okada
2位 fujio4jd
3位 Hein2_HHF

第2レース

優勝 rain_digo
2位 fujio4jd
3位 APEX-M_Okada

第1レースは降水量も少なめでそこまで荒れた展開にはなりませんでしたが、激しい雨の降る第2レースではスリップしているマシンも見受けられました。
そんな中、安定した走りで予選1位から優勝した両選手の技量は素晴らしいと思います。

福岡は例年より早めの梅雨入りをし、そろそろ本格的に夏がスタートしようとしています。皆様も熱中症には気を付けて、またご参加・ご観戦お待ちしています!

JeGTグランプリ2020最終戦!入賞ならずも新境地を開けた大会

JeGT2020決勝

2020年末から開催されているeモータースポーツ大会「AUTOBACS JeGT GRAND PRIX 2020SERIES」、ついに最終戦が開催されました!

グランツーリスモのトッププレイヤーたちがプロレーサーや自動車関連企業と共演してきた本大会もいよいよ大詰めです。
予選ラウンドではぎりぎりの順位でFINAL出場権を獲得したニワカゲームス・レーシングチーム。まわりも強豪揃いですが、優勝を目指して挑みます!

予選スーパーラップ、ペナルティでノータイムに…

FINALの予選はスーパーラップ方式での実施。各チーム1周限りのタイムアタックを行い、そのタイムがレースのスターティンググリッドになります。

ニワカゲームスが使用する「レクサス RC F」はバランス型のマシン。突出した部分は無く、舞台となる「ドラゴントレイル・ガーデンズII」のタイムアタックには特段有利というマシンではありません。
ドライバーの腕がタイムに直結し、レースにおいては相手の弱点や状況を見極めて戦っていくことになります。

ニワカゲームス,レクサス RC F GT3,JeGT

可能な限り上位グリッドでレースに臨みたいので、チームのエース荒木祐樹(あらきゆうき)が出走。タイムは1’28.771で4番手でしたが、審議の結果、四輪脱輪のペナルティでタイム無効に…
予選ラウンドの順位通り、8番手スタートとなってしまいました。

絶望的な状況に見えますが、レースは3本勝負なのでまだまだチャンスはあります

第1レース、3ポジションアップ!

FINALは全部で3レース。ニワカゲームスは3名の選手でそれぞれのレースに挑みます。

第1走者は龍翔太郎(りゅうしょうたろう)選手。今年の三重国体では一般の部で福岡代表となった実力者です。国体やJeGT以外にも様々なイベントに参加し、腕を磨いてきました。

今回は8番手スタート、最後尾ということで失う物もありません。ガンガン攻めて、少しでもポジションアップし井芹選手にバトンを渡したいところです。

映っていませんが、前走車2台の混戦をかいくぐって6位に上昇しています
さらにシケイン(低速コーナー)を利用して1台パス
8位から5位に上昇!

ニワカメンバー、影のサポート

実は今回のレース、表向きには出ていませんが、キャプテン古川が無線で参加。レースの状況や判断が必要な箇所で指示を出し、龍選手をバックアップしていました。
かなり荒れ模様だった第1レースを冷静に戦い抜いたのも、チームメイトと繋がっていることが精神面の支えになったようです。

本番前、応援に駆け付けた古川君・堤口君と模擬レースで練習

第2レース、入賞圏内へ!

名前

第2走者は井芹颯真(いせりそうま)選手。JeGTのドラフトを経てニワカゲームスに参加、世界大会も経験した熊本県の強豪ドライバーです。

井芹選手を第2走者に選んだのは理由があります。
井芹選手はJeGTの認定ドライバーとして個人戦にも参戦、このFINALにも出場しています。個人戦とチーム戦では性能の違うマシンが使用されるため、操作感が全く違います。

1日で2つの大会に出ているのも同等で、個人戦・チーム戦の両方に出場している選手は、やはりこの切り替えに苦労しているようでした。
ニワカゲームスでは井芹選手への負担を軽減するため、個人戦の直後である第1レースを避け、最もハードな第3レースでもなく、第2レースで出場してもらうことにしました。

2周目、早くもポジションアップ
前3台が争っている間に距離を縮めることに成功
ヘアピンコーナーを利用して追い抜き!
シケインで抜き返され、そのままレース終了
他チームにペナルティが入り、3位に上昇!最後まで距離を詰めていたことが功を奏しました

最終戦!タイヤ戦略ミスで6位に

名前第3走者は再び荒木祐樹選手。世界大会こそ出場したことがないものの、トップランカーたちとも競い合える力を持ったドライバーです。

スーパーラップでは残念ながらペナルティでタイム無効となりましたが、まわりも強豪で固めてくると思われる最終レースには、やはりエースをぶつけるしかありません。チームの勝利を託します!

世界大会経験者も並ぶ決勝

タイヤ戦略の必要な最終戦

別々のタイヤを使ったレースでは、より性能の良いタイヤを長持ちさせることが重要です。今回の場合はソフトタイヤとミディアムタイヤの両方を使用しなければならないので、よりスピードの出やすいソフトタイヤを長く使う方が有利。

しかしソフトタイヤは摩耗も早く、だんだんとスピードが出なくなり、コーナリングもしづらくなります。ブレーキを掛けたり、負担のかかる走り方をすれば摩耗も早くなってしまいます。他車と競うあまり、タイヤを余計に消費するのは避けたいところ。

一方ミディアムはソフトに比べると長持ちしますが、スピードは出ません。どのタイヤを何周使うのか、レース全体を通して計画しておく必要があります。(レースとなると、他車とのバトルで不測の事態が起こるのも難しいところ)

タイヤ選択の戦略が入り混じるレース、ニワカゲームスは先にペースを上げて逃げ切る作戦
前走車もピットに入り、一時的に1位を走行
6周目でピットイン、ミディアムタイヤに変更
4位で戻ってきたニワカゲームス
タイヤ性能の良いチームに先を譲ります
予想以上にまわりのペースが良く、最終結果は6位となりました

成長と糧を得られた大会

当初は予選ラウンド通過も危うかったニワカゲームス。FINALにおいてもスーパーラップでこけてからのスタートで、大逆転勝利を狙っていましたが、最後は詰めの甘さが出てしまいました。

荒木選手も普段は世界大会出場を目指していますが、今シーズンは絶望的な状況でグランツーリスモから離れており、練習不足の状態。
どんな理由であれチームとして参加している以上、選手の行動として褒められたものではありませんが、終了後にチームメイトへ謝罪している姿が印象的でした。

普段は自信満々で、己の非を認めない(そもそも間違いを犯さないようにしている)タイプですが、人としての成長を垣間見た気がします。

チーム競技が人の繋がりを強くする

選手として出場するメンバー以外も積極的に協力し、結束を高められたように思います。
グランツーリスモは基本的に個人競技で、なかなか人と協力するという場面はありませんが、無線でチームメイトを支援したり、さまざまなシチュエーションを想定した練習レースを組む等、チーム戦ならではの光景が見られました。

筆者も監督として参加し、チームで大会に参戦する面白さを体感することができました。勉強不足なところや改善点も見え、ニワカゲームスをレーシングチームとして、またコミュニティとして強化していく糧を得られたように感じます。

チームをご支援いただいた皆様、観戦・応援していただいた皆様、大会運営およびライバルの皆様、またタッグとしての提案を快諾していただき、チームに参戦権を与えてくださったユーエスオートの柴田さんに感謝を申し上げます。

次回は自動車関連企業以外も参戦可能、新たな強豪チームが現れる予感…
応援ありがとうございました!

第19回ニワカ杯、ハイパーカーが繰り広げる初のGr.1レース!

第19回ニワカゲームス杯開催

毎月恒例のグランツーリスモSPORTオンライン大会「ニワカゲームス杯」を開催しました!

進行役は先月に続き堤口君と古川君が担当

福岡では緊急事態宣言下ということもあり、進行役の二人もオンラインで出演。
また、いつも機材まわりを担当してもらっている維口さんが不在なので、急きょ筆者がセッティングと進行を担当しました。ほとんど触ったことが無いOBS(Open Broadcaster Software/配信用ソフト)、まさにニワカモン配信です。

初のGr.1レース

グランツーリスモにおけるGr.1(グループ1)カテゴリーは、現実におけるWEC(FIA世界耐久選手権)等で使用されるマシンで、レース専用に開発されたプロトタイプカーやハイパーカーが該当。

ハイダウンフォースを体現する独特のフォルム、ハイブリッドモーター使用可能で高い加速力、最高時速350キロ超えと総じて高性能でパワフルなカテゴリーです。

従来のニワカゲームス杯ではN系カテゴリーやGr.3、G.4といった市販車ベースのマシンが中心だったので、今までにないレース展開に注目です。

第1レース:インテルラゴス

ブラジルに実在するインテルラゴスサーキットでのレース
多種多様なマシン、総勢12名が参戦

ニワカゲームスからは田代寛朋(hapymaher_ps)、深川湧介(yuu-warota)、中村雅彦(PEX_ZEO)が出場。

湧介君はマクラーレンVGT(グランツーリスモ上のみの架空のマシン)を使用
ル・マン24時間レースのため開発された、日産GT-Rの名を冠するプロトタイプレーシングカー
トヨタのハイブリッドカー…ですが、前回同様マツダ風に仕上げてきたonininyakyu選手
同じくトヨタのTS030、こちらは白をベースとしたデザイン
VR-Sprinta_LBC選手、2022-2023年シーズンでWECに復帰するプジョーのマシンを使用
第17回で優勝したrain_digo選手、トヨタTS050で参戦
LeMans_P351選手、アシンメトリーのスタイリッシュなTS030
gamma_suzuki選手は独特なフォルムのヒュンダイVGT、ノンハイブリッド4WDマシンです
Gr.1のようなハイダウンフォースマシンが得意という田代君、活躍に期待
ホンダRAYBRIG HSV…ではなくプジョーのマシン、見た目のカモフラージュも戦略のうち…?
開幕早々のコースアウトでペナルティがついてしまった田代君、インテルラゴスでは自然消化しやすいのが不幸中の幸いか
2周目、混戦を利用してLeMans_P351選手がgamma_suzuki選手をパス
トップ2台の差はわずか0.6秒、ファイナルラップで逆転あるか…?
日の丸+くまモンは中村さん、後方でバトルを繰り広げています
onininyakyu選手がトップを守って優勝!

第2レース:サルト・サーキット

第2レースの舞台はフランスのサルト・サーキット。ル・マン24時間レースの開催地です。全長13.6kmと長尺なコースで、ロングストレートではGr.1マシンのフルパワーが発揮されます。

1周が非常に長い本コース、インテルラゴスとは違った戦略が必要
長いストレート区画に合わせた最高速重視のマシンが目立つ印象
まるでレース後のような汚れのメルセデス・ベンツ ザウバーC9、後ろはマツダ787B。共に1990年前後で活躍したマシン
湧介君はアルピーヌVGT、上記2台と打って変わって未来感あふれるフォルム
開幕早々のシケインは慣れないとコースアウト必至ですが、ここは全車クリーンにクリア
2番手に上昇してきたSAYA7963選手、ショートカットペナルティがついてしまっています
1位を走行していたNhelv選手コースアウト!高速コーナーの先が見えづらいうえ急激な減速が必要な難所
1位に躍り出たSAYA選手、後方とは1秒以上の差があるもののペナルティがどう影響するか…
上位3台はすべてペナルティ状態、どうなるか最後までわかりません
フィニッシュライン直前でペナルティを消化するSAYA選手、その脇をLeMans選手が駆け抜ける!
ポールスタートのLeMans_P351がV字優勝!

レース結果

第1レース

優勝 onininyakyu
2位 VR-Sprinta_LBC
3位 Nhelv

第2レース

優勝 LeMans_P351
2位 SAYA7963
3位 BTTA_K-LINE

今回は初のGr.1レースということで、乗り慣れていない方も多かったかもしれません。カテゴリーによって得手不得手が分かれるもので、逆にGr.1を待っていたというドライバーもいるかと思います。
とくに第2レースでは時速350kmに達するシーンもあり、レース専用車両らしいスピード感を観ることができました。

配信面で不安の多い回でしたが、無事に終えることができて安堵しました。音声面では聞き苦しい場面もあり、お詫び申し上げます。

次回ニワカゲームス杯は6月26日(土)予定!ご参加・ご視聴お待ちしております。