第12回ニワカゲームス杯「ルノースポールR.S.01ワンメイク」開催!

ニワカゲームス杯開催

毎月恒例のニワカゲームス杯、12回目を迎えました!

市販車レースの印象が強いニワカゲームス杯ですが、今回はグランツーリスモの公式戦でもよく使われるカテゴリーのレーシングカーを用いたレースです。

YouTubeにてライブ配信

チームメンバーの古川君がMCを担当。中村さんはレースで使われるマシンに合わせてルノーのヘルメットで登場(笑)

マウントパノラマ、R.S.01ワンメイク

名前

今回は事前のアンケートにより「ルノー・スポール R.S.01 GT3」によるワンメイク(同一車両)レースになりました!
フランスの自動車メーカー「ルノー」のモータースポーツ部門「ルノー・スポール(Renault Sport)」による「R.S.01」、日産GT-Rのエンジンをベースとしてnismoがチューニングしたという日本にも所縁あるマシンです。

舞台は「マウントパノラマ(Mount Panorama Circuit)」。オーストラリアに実在するサーキットで、「バサースト12時間」レースで知られています。
コースの高低差は174m、うねうねとした峠道のような区画と、1.9kmに及ぶ下り坂「コンロッドストレート(Conrod Straight)」が特徴的。開放感ある全開ストレート区画と、狭くて先の見えない中盤の山道という二面性を併せ持つコースです。

狭い中盤セクションをどう乗り越えるかがカギ

第1レース

ニワカゲームスからは中村さん(PEX_ZEO)と小6の湧介君(yuu-warota)が参戦。

前回のニワカゲームス杯では企画と配信で出演したyononaka001選手、今回はドライバーとして参加
フランス繋がり(?)でルイヴィトンを模したリバリーのkazuki-0626_選手
半年ぶりに参加のM_Momonnga選手、なぜか金ぴか金閣寺のカーリバリー…笑
Nova_Fortia8090選手は群馬県eスポーツ連合「gespo」カーで登場
以前のニワカゲームス杯では繰り上がりで入賞した強豪CavallinoLampant選手、今回は自力で賞品獲得なるか…?
なんと海外のプレイヤーも飛び入り参戦、配信は観ていただいてるでしょうか…?
第1レース、13台のR.S.01!予選1位はCavallinoLampant選手でポールポジション・スタート
2周目、5位争いをしていたyononaka選手が手痛いコースアウト!
浮上してきたkazuki-0626_選手をRPA_Heinz選手が巧みにブロック、順位を守ります
いつの間にかMoMoKo_NK選手が1位に、このまま維持できるか…
長い長いコンロッドストレート、MoMoKo_NK選手とCavallino選手のトップを賭けたバトル!
ストレートで逆転を許していたCavallino選手が最後に勝負を仕掛ける
MoMoKo_NK選手が1位を死守して優勝!

第2レース

ニワカゲームスからは中村さん(PEX_ZEO)、高校生の高浪君(akitu1901)が参戦。

12名がエントリーした第2レース…あれ、ルノーじゃないマシンが……
再びポールポジションとなったCavallino選手、続々と追手が迫ります
第1レースの覇者は6位に、燃え尽きでしょうか…
狭く難しい中盤セクション、徐々に1位と2位の差が開き始めます
2位以下は団子状態、ここで争っていると1位に逃げられてしまいます
ファイナルラップのコンロッド、もう1位の姿は見えない状態に…
第2レースはCavallinoLampant選手が圧勝!

レース結果

第1レース

優勝 MoMoKo_NK
2位 CavallinoLampant
3位 ko_sirrus87

第2レース

優勝 CavallinoLampant
2位 RPA_Heinz
3位 ko_sirrus87

MoMoKo_NK選手はニワカゲームス杯初参加で初優勝となりました!見ごたえあるレースだったと思います。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

次回は11月21日(土)!古川君がレース企画の予定です。ゲスト登場の予感…

ニワカゲームス杯史上最長レース!よのなか杯を実施

名前

よのなか杯開催!

グランツーリスモSPORTのオンラインレース、第11回ニワカゲームス杯「よのなか杯」を実施しました!

YouTubeでライブ配信

今回はグランツーリスモ配信者の「よのなか」さんをゲストにお迎えし、ライブ配信を行いました。

普段は顔を出さずに配信をしているよのなかさん(右)、古川君との共演が実現
レギュレーションはよのなかさん考案、とくに好きなコースとマシンでのワンメイクレース!
ラボに遊びにきていたCavallinoさん、ニュルマイスターの異名をもつ荒木君も登場

ニュルブルクリンクを駆けるRX-7

ニュルブルクリンクは、RX-7で走ると1周に8分近くかかる非常に長いコース。配信時間の都合上、今回は1レースのみの開催となりました。

セッティング無制限なので、ニュルブルクリンクに最適化したチューニングが求められます。
もしマシンが損傷した場合はピットインで修理できますが、コースが長くピットまで遠いため苦戦は必至。コースアウトや接触の無い丁寧なドライビングが必要です。

総勢11名のエントリー、ニワカゲームスからは出島さん、中村さん、湧介君、トキオ君が出場

奇抜なデザインからコスプレ的リバリーまで個性的なRX-7たち

今回はピンクの豚(!)で登場のkazuki-0626_選手、ニワカゲームス杯では優勝経験もある実力者です
Nicky_Mistbug92R選手はアニメキャラを使ったいわゆる痛車での出場
漫画「頭文字D」に登場するRX-7を模したExtremer_sky選手
いわゆるパンダカラーのtoybubu1205選手、なんとニワカゲームスのロゴをつけての出場
ニワカゲームス杯では何度か実況も担当していただいたNAMI__taro選手、今回はドライバーとして登場です

セッティングが勝負の分け目!?

1周目早々にエンジンを損傷させてしまった湧介君、リアルのレーサーになる夢を持つからには、事故を起こさないドライビングも必要
3位争いを繰り広げる3台のマシン!
独走状態のtoybubu1205選手、画面表示上のギア比から荒木君はガチセッティングと睨みます
バンクを少し外れてバランスを崩す「ぶーちゃん」ことkazuki-0626_選手!危うく立て直します
すかさずthionf-s選手が接近!kazuki選手はなんとか順位をキープ
後方を走るNAMI__taro選手は手痛いショートカットペナルティ、3位争いは厳しいか…
2位を守っていたNicky_Mistbug92R選手にもペナルティ、どこかで減速しないといけません
ファイナルラップ、各車距離を置いてのドッティンガー・ストレート(Döttinger-Höhe)
優勝はtoybubu1205選手に決定!2位以下に9秒差をつける圧倒的な勝利

レース結果

優勝 toybubu1205
2位 Nicky_Mistbug92R
3位 kazuki-0626_

今回のレースに向けて、しっかりセッティングと走り込みをしてきたと思われるtoybubu1205選手の優勝となりました。セッティングありのレースは初めてだったとのことですが、かなりうまくハマっていたのではないでしょうか。

第12回ニワカゲームス杯は10月開催予定です。ご参加お待ちしております!

第11回ニワカゲームス杯「よのなか杯」レギュレーション発表

ニワカゲームス杯開催

今月19日(土)、グランツーリスモSPORTのオンライン大会「第11回ニワカゲームス杯」を開催します!

ライブ配信ゲスト「よのなか」さん登場!

レースの模様はYouTubeでライブ配信します。

今回は、グランツーリスモプレイヤーでありYouTubeで配信活動も行っている「よのなか」さんがゲストとして登場!
普段は「ゆっくり実況」としていわゆるVチューバーのような配信を行っていますが、今回はスタジオからご本人に出演していただく予定です!

よのなかさんのチャンネルはこちら↓
よのなか001
yononaka生配信チャンネル

配信の詳細

開催時間
9月19日(土)
16:00~17:00

ゲスト
よのなかさん

MC
古川拓己

裏方
ニワカソフトeスポーツ事業部:太田寛
配信サポート:維口貴文

ニュルブルクリンク、RX-7ワンメイク

今回のレースのレギュレーションはよのなかさん考案、「ニュルブルクリンク」を舞台とする「マツダ RX-7 Spirit R Type A(FD)’02」のワンメイクレースです!

世界最長コース!

グランツーリスモSPORT ニュルブルクリンク

ドイツ西部、中世時代のニュルブルク城から名をつけられた町ニュルブルク(Nürburg)に実在するサーキット「ニュルブルクリンク(Nürburgring)」。森の古城を囲むように作られたコースは全長20kmを超え、世界最長を記録しています。

300mもの高低差、あらゆる角度のコーナーを有し「世界一過酷なサーキット」と称され、自動車メーカーからはスポーツカーや乗用車の開発テストに使われることもあり、マシンの性能を測る指標ともなっています。

マツダの名スポーツカー「RX-7」

名前

今回使用するマシンはマツダの「RX-7」、その最終型である「スピリットR」です。25年に及ぶシリーズの幕を務めた記念モデルで、1500台の限定生産。
RX-7の「R」はロータリーエンジンを意味しますが、現代の排気ガス規制ではもはや実現不可能という、まさに伝説のマシンといえます。

シリーズを通し、スポーツカーとしては珍しいサッシュドア(窓枠があるドア)を採用、格納式のリストラクタブル・ヘッドライトは日本で最後に使われた車種となりました。

レギュレーション詳細

今回は1レースのみの開催です。ご参加希望の方は、お早めに入室お願いします。

▼基本設定
ルームモード:プラクティス/予選/レース
ルームの公開範囲:公開

▼ルームの設定
ルーム名:第11回ニワカゲームス杯 RX-7限定
ルームのポリシー:楽しく走ろう
ルームオーナー固定:する
ルームへの最大参加人数:16
最低ドライバーレーティング:–
最低スポーツマンシップレーティング:S

▼コース設定
コース:ニュルブルクリンク北コース
コースコンディションの選択:12:00快晴
周回数:2

▼レースの設定
スタート方式:グリッドスタート
グリッドソート:タイムによるグリッド
ブースト:なし
スリップストリームの強さ:リアル
車両の破損表現:オン
メカニカルダメージ:強い(損傷時はピットで修理)
タイヤの摩耗:1倍
燃料の消耗:1倍
初期燃料量:デフォルト
雨・コース外でのグリップ低下:リアル
勝者決定後のレース継続時間:60秒
オーバーテイクシステム:デフォルト

▼予選の設定
制限時間:9分
制限時間後の猶予時間:60秒
予選中のタイヤの摩耗:レースと同じ設定
予選中の燃料の消耗:レースと同じ設定

▼レギュレーションの設定
カテゴリーで絞り込む:N300(マツダ RX-7 Spirit R 限定
BoP:オン
上限タイヤ:スポーツソフト
下限タイヤ:スポーツソフト
リバリー制限:無制限
ゼッケン識別:無制限
セッティング:無制限
カートの使用:オフ

▼ペナルティの設定
レース中のゴースト化:なし
ショートカットペナルティ:弱い
壁接触ペナルティ:なし
サイドプレスペナルティ:なし
壁接触時の進行方向補正:なし
コースアウト時のクルマの置き直し:なし
フラッグルール:オン
周回遅れのゴースト化:オフ

▼ドライビングオプション制限
すべて無制限

接戦サルディーニャ、第10回ニワカゲームス杯開催

名前

サルディーニャ・ロードC、86GTワンメイク

毎月恒例、グランツーリスモSPORTのオンラインレース「第10回ニワカゲームス杯」を開催しました!

レースはYouTubeでライブ配信

MCはリバリー職人の出島さん(左)と中村さん(右)の二人でお届け

第1レース

今回のレースはグランツーリスモのオリジナルコース「サルディーニャ・ロードトラックC」を舞台に、「トヨタ 86GT’15」を使用したワンメイク(同一車両)レースです。

ストレートでのスリップストリーム(前の車を風よけにしてスピードアップする)を利用して逆転が狙えるこのコース。スタートが上位でも油断はできません!

第1レースは6名、ニワカゲームスからは龍君(予選1位)と湧介君(予選6位)が出場です
前回に続いて参加のkazuki-0626_選手、再びレクサス風86GTで登場(笑)
hapymaher_ps選手は初音ミクがトレードマークの「GOODSMILE RACING」風リバリーで参戦
1周目、中間グループで接触が発生。先頭グループから離される事態に
トップを走る龍君、真後ろからCavallinoLampant選手のプレッシャーを受け続けます
ファイナルラップ、CavallinoLampant選手が軽いコースアウトで勝負あり…?
龍君、プレッシャーを跳ね除け第1レース優勝!

第2レース

放送席の中村さん、プレイシートに移動してレース参戦
2レース目にはニワカゲームスのエース、荒木君もオンライン参戦!まさかの登場に参加選手達も沸きます
なぜかスバルBRZが…中身は86GTとほぼ同じだそうですが…(笑)
第2レース参加は7名、1位と2位の予選タイム差はわずか0.002秒!接戦の予感
2周目のホームストレートでスリーワイド(3台並走)が発生!
スリーワイドを制したrinks1010選手、しかしショートカットペナルティがついてしまい逆転を許します
接触しながらのコーナリング、ぶつかり合うプライド!
後方でも接戦が繰り広げられます
ファイナルラップの最終コーナー、CavallinoLampant選手が少し外に膨らんでしまい…
荒木君も逃げ切りで優勝!

レース結果

第1レース
優勝 DW-yuhki02(荒木祐樹)
2位 CavallinoLampant
3位 kazuki-0626_

第2レース
優勝 Ryu_Ryu_RS(龍翔太郎)
2位 CavallinoLampant
3位 kazuki-0626_

いつもニワカゲームスのメンバーは勝ちきれない印象のニワカゲームス杯ですが、今回は珍しく2レースともメンバーの名が連なりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

第10回ニワカゲームス杯レギュレーション発表

ニワカゲームス杯 グランツーリスモSPORT サルディーニャ・ロードトラック ホームストレート

第10回ニワカゲームス杯開催

8月29日(土)、グランツーリスモSPORTのオンラインレース「第10回ニワカゲームス杯」を開催します!

YouTubeでライブ配信

開催日時
8月29日(土)
16:00~17:00
※参加予約はできません

MC
中村雅彦
出島大地

裏方
ニワカソフトeスポーツ事業部:太田寛
配信サポート:維口貴文

サルディーニャC・86GTワンメイクレース

今回は「サルディーニャ・ロードトラック・C」を舞台に「トヨタ 86GT ’15」を使ったワンメイクレースです。

地中海に浮かぶサルディーニャ島(Sardegna)をイメージしたグランツーリスモSPORTのオリジナルサーキットで、長い全開区画とタイトなコーナー、アップダウンの激しさが特徴的です。

特に今回の「C」レイアウトは中盤以降の連続S字区間が難しく、最終コーナーの立ち上がり方で次のラップにも大きく影響します。腕の見せ所!

ニワカゲームス杯 グランツーリスモSPORT サルディーニャ・ロードトラック・C トヨタ86GT'15

使用する車両はトヨタの86GT。ニワカゲームスのeモータースポーツチーム内で取り組んでいる今月のお題とほぼ同じ条件です。

当日はチームの練習も兼ねてメンバーも参加しますので、ぜひ彼らに挑戦してみてください!

レギュレーション詳細

▼基本設定
ルームモード:プラクティス/予選/レース
ルームの公開範囲:公開

▼ルームの設定
ルーム名:第10回ニワカゲームス杯 86GT限定
ルームのポリシー:楽しく走ろう
ルームオーナー固定:する
ルームへの最大参加人数:16
最低ドライバーレーティング:–
最低スポーツマンシップレーティング:S

▼コース設定
コース:サルディーニャ・ロードトラック・C
コースコンディションの選択:17:00快晴
周回数:8

▼レースの設定
スタート方式:グリッドスタート
グリッドソート:タイムによるグリッド
ブースト:なし
スリップストリームの強さ:リアル
車両の破損表現:オン
メカニカルダメージ:強い(損傷時はピットで修理)
タイヤの摩耗:1倍
燃料の消耗:1倍
初期燃料量:デフォルト
雨・コース外でのグリップ低下:リアル
勝者決定後のレース継続時間:60秒
オーバーテイクシステム:デフォルト

▼予選の設定
制限時間:5分
制限時間後の猶予時間:30秒
予選中のタイヤの摩耗:レースと同じ設定
予選中の燃料の消耗:レースと同じ設定

▼レギュレーションの設定
カテゴリーで絞り込む:N200(トヨタ 86 GT ’15 限定)
BoP:オン
上限タイヤ:スポーツソフト
下限タイヤ:スポーツソフト
リバリー制限:無制限
ゼッケン識別:無制限
セッティング:禁止
カートの使用:オフ

▼ペナルティの設定
レース中のゴースト化:なし
ショートカットペナルティ:弱い
壁接触ペナルティ:なし
サイドプレスペナルティ:なし
壁接触時の進行方向補正:なし
コースアウト時のクルマの置き直し:なし
フラッグルール:オン
周回遅れのゴースト化:オフ

▼ドライビングオプション制限
すべて無制限

4脱注意!波乱の京都山際・86GTワンメイクレース

第9回ニワカゲームス杯開催

毎月開催しているグランツーリスモSPORTのオンラインレース「ニワカゲームス杯」を実施しました。

レースの模様はニワカラボの配信スタジオよりライブ配信しました。MC役は古川君・中村さん、配信に興味津々だった昇平君もスタジオ入りです!

メインMCは中村さん、昇平君、キャプテン古川君

第1レース

今回のレギュレーションは、eモータースポーツチームが今月のお題として走っているもの(京都ドライビングパーク・山際、トヨタ86GT’15)をレース仕様にしました。

チームからは、中村雅彦、出島大地、高浪翔、深川湧介の4名が出場。一般参加の方も交えてレース!

全日本GT選手権に参戦していたトヨタ・スープラを模したCastrolリバリーの86GT
レクサス…??と見間違えるような86GT(笑)グランツーリスモではこういう遊びもできてしまいます
Nova_Fortia8090選手はWAKO’Sデザインでの参加
ニワカゲームスのリバリー職人、出島さんは自ら手掛けたチームリバリーで出場
「86繋がり」ということで、漫画「頭文字D」のハチロクを模したマシンの湧介君
奇抜なデザインの高浪君の86GT、ナンバープレートに謎の半額シール…(笑)
総勢8台でレース開始!
サイド・バイ・サイドが多発する第1コーナー!横に並ばれると減速せざるを得ないので、いかに相手を出し抜けるかが勝負のカギ
京都ドライビングパークは高速で駆け抜けるS字コーナーがあり、4輪脱輪(コースアウト)ペナルティの危険性大!違反スレスレで走るテクニックも必要
毎度おなじみの湧介君・出島さんのバトル!約20歳の年齢差を超えた戦いです
見事ポール・トゥ・ウィン(予選1位からの優勝)を成し遂げたRai121109選手!

第2レース

チームからは古川拓己、龍翔太郎、高浪翔、寺本宝生が出場。
今年の「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」(元鹿児島国体)出場メンバーが全員参加ということで、ハイレベルなレースになる予感!

「どんな環境でも走れるように訓練する」という意気込みで、子ども向けシートで参戦する古川君
埼玉トヨペットのレーシングチーム「Green Brave」を模したデザイン
昇平君の兄、宝生君は実家のパン屋「ぱん工房ふくろう」の看板を背負って参戦!
予選1位は第1レースと同じくRai選手、このまま連覇なるか…?
昨年の茨城国体で少年の部・全国2位となった龍君がバトルを仕掛ける!
バトルを制した龍君、手痛いショートカットペナルティ!どこかで減速しないといけません
優勝は「レクサスもどき」のkazuki-0626_選手!序盤は沈んでしまったものの、上位陣がペナルティを受けるスキをついて見事逆転

レース結果

第1レース
優勝 Rai121109
2位 kazuki-0626_
3位 Roomba-010

第2レース
優勝 kazuki-0626_
2位 Ryu_Ryu_RS(龍翔太郎)
3位 Rai121109

次はいよいよ10回目!ニワカゲームス杯は8月末に開催予定です。

第9回ニワカゲームス杯レギュレーション発表

名前

京都・山際、86GTレース

7月25日(土)、「グランツーリスモSPORT」を使ったオンラインレース「第9回ニワカゲームス杯」を開催します!

YouTubeでライブ配信

開催日時
7月25日(土)
16:00~17:00
※参加予約はできません

MC
古川拓己
中村雅彦

裏方
ニワカソフトeスポーツ事業部:太田寛
配信サポート:維口貴文

夏の京都でワンメイクレース!

今回の舞台は、グランツーリスモのオリジナルコース「京都ドライビングパーク・山際」。マシンは「トヨタ86GT’15」を使用します。

ニワカゲームスeモータースポーツチームでは毎月コース・マシンを決めて競っていますが、今回のニワカゲームス杯は7月のお題とほぼ同条件。
レースには練習会の一環としてメンバーも参加しますので、ぜひ彼らと競ってみてください!

レギュレーション詳細

▼基本設定
ルームモード:プラクティス/予選/レース
ルームの公開範囲:公開

▼ルームの設定
ルーム名:第9回ニワカゲームス杯
ルームのポリシー:楽しく走ろう
ルームオーナー固定:する
ルームへの最大参加人数:16
最低ドライバーレーティング:–
最低スポーツマンシップレーティング:S

▼コース設定
コース:京都ドライビングパーク・山際
コースコンディションの選択:15:30晴れ
周回数:5

▼レースの設定
スタート方式:グリッドスタート
グリッドソート:タイムによるグリッド
ブースト:なし
スリップストリームの強さ:リアル
車両の破損表現:オン
メカニカルダメージ:強い(損傷時はピットで修理)
タイヤの摩耗:1倍
燃料の消耗:1倍
初期燃料量:デフォルト
雨・コース外でのグリップ低下:リアル
勝者決定後のレース継続時間:60秒
オーバーテイクシステム:デフォルト

▼予選の設定
制限時間:5分
制限時間後の猶予時間:30秒
予選中のタイヤの摩耗:レースと同じ設定
予選中の燃料の消耗:レースと同じ設定

▼レギュレーションの設定
カテゴリーで絞り込む:N200(トヨタ 86GT’15限定
BoP:オン
上限タイヤ:スポーツ・ソフト
下限タイヤ:スポーツ・ソフト
リバリー制限:無制限
ゼッケン識別:無制限
セッティング:禁止
カートの使用:オフ

▼ペナルティの設定
レース中のゴースト化:なし
ショートカットペナルティ:弱い
壁接触ペナルティ:なし
サイドプレスペナルティ:あり
壁接触時の進行方向補正:なし
コースアウト時のクルマの置き直し:なし
フラッグルール:オン
周回遅れのゴースト化:オフ

▼ドライビングオプション制限
すべて無制限

参考タイム

1位 荒木祐樹 一般 1’56.912
2位 古川拓己 一般 1’57.250
3位 深川湧介 小6 1’58.922
4位 小田英天 一般 2’00.315
5位 中村雅彦 一般 2’00.381
6位 町谷斗紀旺 高校 2’01.103
7位 寺本宝生 中1 2’02.581
8位 関下伸一 小6 2’02.938
9位 山田峻司 小2 2’11.011
10位 古賀莉乃 小4 2’17.790
11位 古賀柊真 小2 2’20.359
※タイヤ・燃料の消費無しで計測

第8回ニワカゲームス杯、60-70年代マシンの集うグッドウッド

名前

クラシックカーレース・イン・グッドウッド

グランツーリスモSPORTのオンライン大会「第8回ニワカゲームス杯 60-70’s NOSTALGIC CAR FESTIVAL IN GOOD WOOD」を開催しました!

グッドウッド・モーター サーキットで毎年開催される「グッドウッド・リバイバル・ミーティング(Goodwood Revival Meeting)」をイメージし、60年代・70年代のマシンに限定したレースです。

ナミ太郎さんの実況でライブ配信

今回もレースの模様はYouTubeでライブ配信しました。

企画者の龍君(左)、進行役として筆者(中央)、実況にナミ太郎さん(右)という顔ぶれでお届け

第1レース 60年代マシン

全体的に丸みを帯びたフォルムの多い60年代のクルマたち。レースのルーム作成時に「60年代限定」と書いていなかったため、配信を知らない方がネオクラシックカーで参戦するハプニングも…(陳謝)

第1レースで2大勢力となったランボルギーニ ミウラP400とシボレー カマロZ28
映画「フォードVSフェラーリ」での印象も新しいフォード GT40の姿も。時代的にはまさしく劇中の世界
普段のレースでもマスタングを愛用しているというkazuki-0626_選手はシェルビーG.T.350での参戦
古川君は純白のシボレー コルベットC3で登場
企画者の龍君はグッドウッドに合わせてかイギリスのメーカー、ジャガー Eタイプでの参戦
60年代の貴重なマシンが勢ぞろいのレース開始!(中にはちょっと新しいクルマも…)
スタートダッシュに成功したのはAPEX選手のミウラ!ポールポジションだったNova選手のフォードGTは4番手に後退
中間グループではニワカゲームスメンバー同士のバトルが発生
momizi0202選手のオンボード、同じくミウラを駆るAPEX-M_Okada選手を追います
第1レースはAPEX-M_Okada選手の圧勝!

第2レース 70年代マシン

70年代になると、まさしく機能美的なデザインの直線的なクルマが登場します。今回のレースでは特にイタリア勢が目立ちました。

再び真っ白なマシンの古川君、スーパーカーの代名詞ランボルギーニ カウンタックをチョイス
同じくイタリアのメーカー、フェラーリの512BB。70年代になるとイタリアンスポーツカーが目立ちます
こちらもフェラーリ、創業者エンツォ・フェラーリのご子息の名を冠したディーノ246
走っているのも不思議なくらいボロボロな見た目のマツダ RX500、実物は試作車のみなので「ありえない」けどゲームなら実現可能
またもフェラーリ、デイトナとも呼ばれる365GTB4
第1レースを制したAPEX選手はレース専用に作られたマシン、ランチア ストラトスで出場
大会中でも際立つ存在感!猫バスを彷彿とさせるストラトス、まるで同じクルマとは思えません
米国クライスラー社のブランド、ダッジのスーパービー。ヘルメットにはゴーグルを模したデザインのこだわりも
マシンが綺麗にばらけた第2レース、スタート!
龍君がスタート時の混戦を突破!このまま優勝できるか…?
第1レース優勝のAPEX選手と龍君、サイド・バイ・サイドのバトルを展開!
3番手を走る古川君の視点、龍君がコースアウトして引き離されるのが小さく見えます
APEX-M_Okada選手が連覇!圧倒的な強さでした

レース結果

第1レース
優勝 APEX-M_Okada
2位 Nova_Fortia8090
3位 kazuki-0626_

第2レース
優勝 APEX-M_Okada
2位 Ryu_Ryu_RS(龍翔太郎)
3位 Nova_Fortia8090

実物はとても手が出せないクラシックカーでも手軽にレースできるのは、ゲームならではの利点ですね!今では珍しいフォルムのマシンが多く、眺めているだけでも楽しめる内容だったかと思います。

第9回ニワカゲームス杯は7月末の開催予定!

第8回ニワカゲームス杯レギュレーション発表

第8回ニワカゲームス杯 60-70's NOSTALGIC CAR FESTIVAL IN GOOD WOOD

クラシックカー・レース開催

6月27日(土)、グランツーリスモのオンライン大会「第8回ニワカゲームス杯:60-70’s NOSTALGIC CAR FESTIVAL IN GOOD WOOD」を開催します。60年代・70年代の車種限定レース!

YouTubeでライブ配信

レースの模様はYouTubeで配信します。
今回は「第4回ニワカゲームス杯」で遠隔実況を担当していただいたナミ太郎さんが再登場!

開催日時
6月27日(土)
16:00~17:00
※参加予約はできません

ゲスト(オンライン)
グランツーリスモ実況者 ナミ太郎さん

MC
龍翔太郎

裏方
ニワカソフトeスポーツ事業部:太田寛
配信サポート:維口貴文

60年代・70年代のクラシックカー・レース!

龍くんの「クラシックカーでレースをしたい」というひとことから始まった今回の企画。「グッドウッド・モーター サーキット」を舞台に、60年代・70年代のクルマが使用可能です。

イギリスで毎年開催されている「グッドウッド・リバイバル・ミーティング(Goodwood Revival Meeting)」のイメージで、情緒あふれるノスタルジックなレースになること間違いなし!


■Goodwood Revival Meeting
毎年9月にグッドウッドで開催される旧車のレースイベント。1960年代をイメージしたイベントで、施設や小道具、持ち寄られる車両はもちろん、参加者も当時の衣装に身を包み、ある種テーマパークのような趣がある。

参考:グッドウッド・リバイバル・ミーティング2019に見る、ヨーロッパ自動車文化の奥深さ

レギュレーション詳細

第1レース:60年代限定
第2レース:70年代限定

▼基本設定
ルームモード:プラクティス/予選/レース
ルームの公開範囲:公開

▼ルームの設定
ルーム名:第8回ニワカゲームス杯
ルームのポリシー:楽しく走ろう
ルームオーナー固定:する
ルームへの最大参加人数:16
最低ドライバーレーティング:–
最低スポーツマンシップレーティング:S

▼コース設定
コース:グッドウッド・モーター サーキット
コースコンディションの選択:13:15快晴
周回数:6

▼レースの設定
スタート方式:グリッドスタート(フライング判定)
グリッドソート:タイムによるグリッド
ブースト:なし
スリップストリームの強さ:リアル
車両の破損表現:オン
メカニカルダメージ:強い(損傷時はピットで修理)
タイヤの摩耗:1倍
燃料の消耗:1倍
初期燃料量:デフォルト
雨・コース外でのグリップ低下:リアル
勝者決定後のレース継続時間:120秒
オーバーテイクシステム:デフォルト

▼予選の設定
制限時間:7分
制限時間後の猶予時間:100秒
予選中のタイヤの摩耗:レースと同じ設定
予選中の燃料の消耗:レースと同じ設定

▼レギュレーションの設定
カテゴリーで絞り込む:N300(60年代、70年代限定)
BoP:オン
上限タイヤ:スポーツ・ハード
下限タイヤ:スポーツ・ハード
リバリー制限:無制限
ゼッケン識別:無制限
セッティング:無制限
カートの使用:オフ

▼ペナルティの設定
レース中のゴースト化:なし
ショートカットペナルティ:弱い
壁接触ペナルティ:なし
サイドプレスペナルティ:あり
壁接触時の進行方向補正:なし
コースアウト時のクルマの置き直し:なし
フラッグルール:オン
周回遅れのゴースト化:オフ

▼ドライビングオプション制限
すべて無制限

グランツーリスモSPORT グッドウッド

ランエボだらけの三菱祭り!第7回ニワカゲームス杯開催

名前

第7回ニワカゲームス杯「春の三菱祭り」を開催しました。

今回はチーム随一の三菱党、中村さん企画でのレースです。カテゴリー無視、三菱の全車両が使える異色のレース!

YouTubeでライブ配信

※開始5分くらいまで音声が収録できていません

メインMCは企画者の中村さんが担当。筆者太田も進行役で主にゲーム画面の操作を担当しました。

今回もオンラインで集合しての配信です

第1レース:ウィロースプリングス

第1レースの舞台はアメリカ・カリフォルニアのウィロースプリングス・レースウェイ ホースシーフマイル。砂漠に囲まれたコースで、コースアウトすると砂地に足を取られて大きくタイムロスをしてしまいます。

カテゴリー無視、クルマの馬力のみ統一したレース。コース、車種、セッティング、ドライビングテクニック、あらゆる要素がぶつかる一戦です!

予選開始早々に事故を起こし、エンジンを修理するMC中村
小学生の湧介君も大人達に混じって参戦
ランエボだらけの三菱祭り開幕!
決勝レース開始早々、企画考案のため走りこんでいた中村さんの独走
4周目、コーナリングで綺麗に中村さんを追い越す高浪君(左)
レース中盤、湧介君(右)を追い続ける古川先輩(左)、二人のバトルはチーム内でも珍しい光景
第1レースの覇者は奇抜なカーリバリーの高浪君に決定!

第2レース:サルディーニャ

ニワカゲームス杯初となるダートレース。Gr.3、Gr.4以外のすべてのマシンが使用可能。

ダートコースは公式戦で採用されることもなく、メンバーも普段走ることがありません。どんなレースになるのか…?

未来感あふれるXR-PHEVを駆る湧介君、砂埃を巻き上げて疾走するギャップがすごい
第1レースを制した高浪君は無難にラリーカーを選択、連覇なるか…?
三菱だらけの異種格闘技スタート!
飛び出したのは龍君!ダートを走っているイメージはありませんが、国体入賞者の実力はいかに…
最下位に転落してしまった中村さん、挽回目指して追い上げます
一般参加のExtremer_skyさん(手前)を追う古川君、本来ダート用ではないクルマ同士のバトル
第2レース優勝はランエボ・ラリーカーを駆る龍君!ダートレースでも速かった

レース結果

第1レース
優勝
高浪翔

第2レース
優勝
龍翔太郎

次回は6月27日(土)、龍君企画でクラシックカーレースの予定です。ご参加お待ちしております!